禁煙外来

当院では、内服薬での禁煙治療を行っております。
お気軽にご相談ください。

保険診療で禁煙治療を受けられる方

禁煙治療イメージ
  • ニコチン依存症に係るスクリーニングテストで(TDS)でニコチン依存症と診断された方
  • ブルクマリン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方
  • 直ちに禁煙しようと考えている方

禁煙治療のスケジュール

《禁煙治療は12週間・5回の受診が基本です。》

禁煙の開始予定日を決めその1週間前から服用します。
この期間は喫煙しながら内服薬を増量していきます。

※ニコチンパッチ・ニコレット等は併用しないでください。

8日目に禁煙を開始します。

1mg錠1日2回(朝・夕)の内服を12週まで続けます。

禁煙に成功した方には長期間の禁煙をより確実にするために、必要に応じて延長投与することができます。(12週以降は自由診療となります。)

外来診療の流れ

  1. 問診(喫煙状況、内服が継続できているか、薬の副作用の有無、禁煙の効果、ニコチン離脱症状などの確認)
  2. 呼気一酸化炭素(CO)濃度測定
  3. 医師の診察
  4. 次回受診日の確認(診療時間内においでください。予約も受け付けております。)

費用について

トータル12週間の保険治療(3割負担)で診療費は6,000円程度、薬剤料14,000円/4回 程度となります。

  • 治療途中で自己中断された場合は、保険診療での継続治療ができなくなる場合があります。
  • 禁煙治療についてのご質問がありましたらお申し出ください。詳しいパンフレット等でご説明いたします。

禁煙のメリット

一酸化炭素の影響

一酸化炭素の影響

タバコの煙に含まれる200種類の有害物質の一つである一酸化炭素は、ニコチンと共に動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。一酸化炭素は、酸素の200倍以上血液に溶け込みやすく、酸素の運搬を妨害し、持久力(スタミナ)や作業効率を低下させます。

禁煙すると…

禁煙すると…

一酸化炭素濃度は禁煙した瞬間から下がり始め、20分で脈拍は正常になり、手の体温が正常にまで上昇し、12時間で一酸化炭素レベルが正常域になって運動能力が改善し、24時間で心臓発作の確立が下がります。そして、2週間~3ヶ月で肺の機能回復がみられ、咳や息切れも1~9ヶ月で改善されます。禁煙すれば、健康面以外でも美容や金銭面、その他生活に関わる多くのメリットが得られることでしょう。

金銭的メリット

1日1箱吸っている人なら(1箱400円で計算)
  • 1ヶ月・・・1万2千円
  • 3ヶ月・・・3万6千円
  • 6ヶ月・・・7万2千円
  • 1年・・・・14万6千円
  • 5年・・・・73万円
  • これだけの貯金ができるということです!

禁煙のメリット

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。