よくある質問

よく受ける質問Q&A

MRIとはどんな検査ですか?

MRIは磁気共鳴画像のことで、CTとは異なりX線被爆などの身体に与える負担がないので、繰り返し撮影が可能です。骨による影響を受けず、骨に囲まれている脳や脊髄なども縦、横、斜めなど詳細に調べることができます。コントラスト分解能が優れ病変の抽出に優れており、また血流を画像化できるため、造影剤を使用しなくても脳血管などが簡単に撮影できます(MRA)。

MRIを受ける場合の留意点は?

次のような患者様はMRI検査が出来ません。

  • 心臓ペースメーカーを使用している方
  • 妊娠中、もしくは妊娠している可能性のある方

次のような患者様はお申し出下さい。検査が可能か医師の診断が必要です。

  • 心筋梗塞や狭心症で冠動脈ステントを留置して間もない方
  • 体内に金属や脳動脈クリップ、脳脊髄液シャントチューブなどが挿入されている方
  • 刺青のある方(顔料の成分により火傷の危険があります)
  • 閉所恐怖症の方

次の物は検査室に持ち込めませんので、取り外していただきます。

  • 金属製の装飾品(指輪、イヤリング、ネックレス、カラーコンタクトなど)、時計、眼鏡、入れ歯、補聴器、金属のついている下着など
  • キャッシュカードなどの磁気カード、携帯電話、磁気製品、ホッカイロ
  • 一週間ごとに貼りかえるタイプの鎮痛貼付剤(ノルスパンテープなど)
その他、どのような検査が受けられますか?

CT・レントゲン撮影、頸動脈エコー、脳波、脈波(血管の硬さや閉塞の測定)、骨密度の検査が受けられます。検査結果によって専門医療機関へ紹介する場合があります。

子供もMRIの検査を受けられますか?

MRIの検査時間は20分程度かかります。音が気になるようでしたら耳栓を使用します。ご家族がMRI室に一緒に入って検査することもできますので、お子さんも安心して検査を受けることができます。

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。